ぴよくえアプリ紹介 トリマのように電車で移動するだけで稼げる

ぴよくえサムネ ポイ活

トリマユーザーの中には、移動距離に応じてポイントがもらえる類似アプリを併用したいと思っている方もいると思います。

そんな人におすすめなのがぴよくえなので、この記事で説明します。

ぴよくえの交換レートが2022年9月1日から変更になりました。
変更前後の詳細を知りたい方は下記を確認してください。

 

ぴよくえ以外のポイ活アプリに興味がある方は下記を参考にしてください。

 

スポンサーリンク

ぴよくえとは

ぴよくえロゴ

ぴよくえは株式会社データインサイトが運営する移動系のポイ活アプリです。

ポイントを貯めながらクエストをクリアすることで

社会貢献にも繋がる新しいポイ活アプリとなります。

スポンサーリンク

ぴよくえで社会貢献ってどういうこと?

ぴよくえのクエストの中には、駅周辺の画像を投稿したり、街中のごみ箱や灰皿の位置を投稿することでポイントがもらえるものもあります。

ぴよくえゴミ箱クエスト

これらの情報をデータベースとして様々なことに役立てようという目的があるようです。

ぴよくえで貯まるポイントについて

ぴよくえは3.2㎞の移動で0.66円相当のアプリ内マイル(2マイル)がもらえます。

ぴよくえ変更後レート?

300マイルでAmazonギフトカード100円に交換できます。

ぴよくえ招待コード

他の移動系アプリと同様に招待コードの入力でマイルを獲得することができます。

条件は招待コード入力後に1回レベルアップです。

招待した方は20マイル,招待された方は40マイルもらえます。

招待コード : FRPZGFV

類似アプリであるトリマと比較して良い所・悪い所

ぴよくえと同じように移動距離に応じてポイントが貯まるアプリの代表格である

トリマと比較して良い所と悪い所を説明します。

トリマは3倍速状態になっていると仮定して話を進めます。

◎CMの時間が短い

個人的に一番うれしい点です。

トリマは約30秒程度の動画を飛ばさずに視聴しなければなりませんが

ぴよくえは5秒程度でCMを飛ばすことができます。(CMによっては開始直後に飛ばせます。)

トリマをやっている方にはわかると思いますがくじが当たった後に見せられる
一旦CMです(スキップできるよ)
で流れるCMと同じような感じです。
トリマ一旦CM

〇画面が非常にシンプル

ぴよくえは【マイル】、【クエスト】、【マイページ】のみで構成されており余計な要素が無いので非常にわかりやすいです。

ぴよくえメニュー

しかも使用するのはほとんど【マイル】のみです。

やることが限られているので初心者でもすぐ馴染めます。

△交換先が少ない

トリマは楽天ポイントやdポイントなどの各種ポイントや現金に交換可能ですが

ぴよくえが交換可能なのはAmazonギフトカードのみです。

Amazonギフト券

Amazonを全く利用しないという人はほとんどいないと思いますが、交換先は多いに越したことはないです。

×アプリを開きっぱなしだと距離がカウントされない

ぴよくえのQ&Aにも記載されている通りアプリを起動している状態だと距離がカウントされません。

ぴよくえアップデート予定

一旦バックグラウンドにするか再起動しないと距離が増えません。

改善に向けて取り組み中とのことですが、現状のままだと不便なので早く解決してほしいです。

×1日の上限距離が決まっている。

ぴよくえの1日の上限距離は42.195㎞です。

ぴよくえ上限距離42.195km

3.2kmでポイント獲得のためもらえる上限は1日当たり13回ということになります。

トリマの場合50回なので日々新幹線等を利用して長距離移動する人にとっては少なく感じます。

×トリマでいうタンクという概念が無い

トリマの場合、初期状態でもタンクが3つあるので10㎞分距離をストックできますが

ぴよくえは3.2㎞おきにCMを見ないと移動距離が無駄になってしまいます。

例:7km移動後にアプリ起動した場合
トリマ→3.3km×2で2回CM視聴可能、0.4km分の移動距離が貯まっている状態。
ぴよくえ→3.2kmのCM1回のみ視聴可能、3.8kmの移動距離が無駄になる。

小まめにアプリを起動できる方にとっては問題ありませんが、まとめてCMを見る人は損するかもしれません。

ぴよくえまとめ

ぴよくえでは3.2㎞の移動で0.66円相当のポイントを貯めることができます。

トリマと違い動画を飛ばすことができるので時間効率も良いです。

アプリを開きっぱなしだと距離がカウントされないといった問題もありますが

今後の修正に期待しつつ利用しましょう。

今回はここまでです。

読んでくれてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました